横手昭道のシャンソンと法話:坊主サロン・友愛のご案内
トップページ | メッセージ〜仏教を身近に〜 | 開催概要 | アクセス | よくある質問 | プロフィール
よくある質問



問い
田舎にある先祖のお墓を移したいのですが?

 田舎には私の家族はいません。親戚だけです。今は年金暮らしで、毎年、田舎に墓参りに行くのが負担です。子供たちにも、このまま相続させる分けには行きません。菩提寺の住職に相談したところ、ご先祖のためにはこのまま維持すべきと難色を示されました。移すのはいけないことでしょうか。また、どうしたら移せるのでしょうか。


答え
これは今、最も多い相談です。

 一番、いい方法は、二墓制です。これは、昔から良くあったことです。
 あなたの場合で言えば、田舎の墓はそのままにして、ご親戚の方々に守ってもらい、新たにご自分の住まいの近くに墓を造ることです。その際、ご先祖の遺骨はそのままにして、お墓の周りの土だけを持ってくるのも一案です。そしてお親戚の方に年、一度、または二度くらい、お墓の掃除代、供花代などを送金し、管理していただき、完全な移転は様子を見て、時間をかけてします。
 しかし、どうしても今すぐににしたいという場合、この方法に限りません。移転しても良いと思います。子孫に負担をかけるのをご先祖、すなわち仏が喜ぶはずがないと考えるからです。 ただし、新興宗教や他の宗教に宗旨を変えたからという理由の場合には、私は問題だと思います。なぜなら、この場合、ご先祖、すなわち仏様は喜ぶはずがないと考えるからです。

詳しくは、ご相談にお越し下さい。



問い
私は○○宗なのですが、他の宗派の教えを学んではいけないでしょうか。

 わたしは、○○宗ですが、他の宗派の話を聞いたり、本を読んだりすると罰が当たると言われました。
 また他の宗派での葬儀に参列した場合、どのように礼拝すべきでしょうか。


答え
そんなことはありません。むしろ、大いに他の宗派の教えをも学ぶべきです。

 仏教の場合、宗派の違いはブッダに成る方法(実践)によります。キリスト教やイスラム教のように教義の解釈の違いからではありません。
 つまり、お釈迦様のように、自力で悟りを開いてブッダに成ろうとする人は禅、すなわち「禅宗系」の道を選択し歩めばいいのです。また、自分で悟りを開きブッダに成ることは無理だ、阿弥陀様に救っていただく外に道がないと思う人は浄土教、すなわち「浄土宗系」の道を選択し歩めばいいのです。また、真言を唱えて大日如来と心を一つにし、そして悟りを開きブッダに成ろうという人は密教、すなわち「真言宗系」の道を、そして、日常生活の中でひたすら法華経の教えのもとで、善行をつみブッダに成ろうという人は法華宗系、すなわち「日蓮宗系」の道を選べばいいのです。
 要するに、どの道もお釈迦様の教えゆえ、自分の道は絶対正しくて、他の道は間違っていると言うことはありません。もし、そういうことを言う人がいるとするならば、その人はお釈迦様の教えを冒涜していることになります。仏教徒ではありません。
 ちなみに、奈良、平安、鎌倉、江戸時代に誕生した宗派は、今はお互いに交流し、合同で講演会などを開催しています。
 また、他の宗派の葬儀に参列したときは、ただ心から安らかにと祈るだけで言いと思います。私の場合は、キリスト教の葬儀に行くと讃美歌を一緒に歌い、また他の宗派の葬儀に参列したときは、知っているお経であれば導師と一緒に唱え、その宗派に合わせてお祈りをしています。

本ホームページ、日本の各宗派を参考にしてください。



問い
新興宗教の○○○○を退会しましたが、そのときいただいた御本尊,経典などの処理に困っています。

 私は、かつて知人に誘われて新興宗教○○○○に入りました。しかし、どうしても私の考えと違うためになじめず、自然に止めてしまいました。今、そのときいただいた御本尊,経典の処理に困っています。どうしたらよいのでしょうか。


答え
どこかのお寺、または神社に持参して、供養し処分することをお奨めします。

 あなたの場合は、自分の考えに合わないから止めたということですが、他には結婚のために止めた、また親に先祖を大事にしろといわれて止めたなどといろいろとあり、その結果、殆どの方がその教団のご本尊や教典の処理に困っておられるます。
 というのも、止めたら罰が当たる、また勝手にご本尊や教典などを処分したら罰が当たると脅かされているからです。つまり、その教団には自由がないのです。
 かるがゆえに、そのような人は、退会を申し出ることができずに、ご本尊、教典などを処理できないでいます。本来なら、堂々と退会を申し出、その教団に返却するのが正しい行為なのですが。
 そこで、私は、どこかのお寺に持参し、多少のお布施を包み、処分することをお奨めします。神社でも良いと思います。そのほうが心が安まるはずです。
 ちなみに、「慈悲」「自由」「平等」、そして「安らぎ」がなければ宗教ではありません。



唄は愛、そして祈り

マイトリー目白寺院

語り合う会ご案内

写経

祈り・勤行・禅定

シャッター街を21世紀の門前町に !

宗教とは

仏教とは

日本の仏教各宗派

葬儀と戒名について
▲この画面の先頭へ
トップページ
・メッセージ〜仏教を身近に〜
・開催概要「友愛」のご案内
・交通アクセス
・マイトリー寺院・目白のご紹介
・よくある質問
・プロフィール

・写経・写仏
・祈り・勤行・禅定
・宗教とは
・仏教とは
・日本の仏教各宗派
・葬儀と戒名について

・シャッター街を21世紀の門前町に !
・ブログ
Copyright (C) 2013 YUU-AI. All Rights Reserved.