宗派を超えたブッディズム教会/仏教の根本・お釈迦さまの教えを身近に
幸せな人生、幸せな家庭を!マイトリー寺院目白

マイトリー寺院・目白 facebook

マイトリー寺院・目白

写経・写仏

幸せな人生を歩むために知っておくべきこと
・宗教の本来 
・仏教の根本 
・葬儀と戒名 


一人暮らしの方、まだ個人墓地のない方、
そして後継子孫のいない方、菩提寺のない方へ
当寺院は自然海洋葬&永代供養をお勧めしています。


自然海洋葬と永代供養の概要

  1. 通夜・葬儀は火葬場・葬祭場で執り行うことを原則に、直葬、一日葬、家族葬、音楽葬、一般葬など、ご希望に応じ執り行います。

  2. 海洋散骨は当寺院で初七己(初七日)、二七己、三七己、四七己、五七己、六七己、七七己(四九日)の法要を当寺院で済ませたのち執り行います。
    ※散骨費用:粉骨費用2万円+散骨費用5万円〜12万円。

  3. 散骨後、永代供養をご希望される方には当寺院の虚空檀に御影碑(写真入り位牌)を安置し、供養します。
     そして遺族の方には当寺院を菩提寺(中継所)として亡き人、またはご先祖とコミュニケーションをはかっていただきます。
    ※詳しくは、電話、またはお越しくだされご相談ください。


 

海外では
 世紀のプリマドンナ、マリア・カラスがエーゲ海に。そして、物理学者アインシュタインは12人の家族葬で川に散骨。原爆の開発者の一人オッペンハイマー博士はバージン諸島の海に。アメリカの作家ヘンリー・ミラーはカリフォルニアのビックサーの海岸に。そしてライシャワー元駐日大使も空から海に散骨しています。
  中国では周恩来首相とその16年後に亡くなられた夫人。ご夫妻は遺言をもとに時を別にして天津市を流れる黄河流域に散骨されています。


我が国では
 世紀のテナー歌手藤原義江が地中海へ。また、世紀の映画スター石原裕次郎も湘南の海へ散骨を望みましたが、当時、日本では関連法規『墓地、埋葬法に関する法律』の解釈、整備が不備だったことから、兄慎太郎が断念。爾来、法の解釈が議論されて確立。我が国でも自然葬の一つとして海への散骨が可能となりました。


葬儀は人間の高尚な文化、尊厳のある葬儀を。
 そもそもお葬式は誰のために執り行うのでしょうか?故人のためでしょうか。遺族のためでしょうか。それは送る側か、それとも送られる側かによってその見方、考え方が違ってきますが、私は両方だと思っています。
 ちなみに、2018年2月11日(日)付朝日新聞朝刊は「弔いのあり方」というテーマで、つぎのような声を伝えています。


最後は葬式をあげる家族に委ねたい。
  最近、死は誰のものかと考えています。10年前に母を、5年前に父を亡くしました。身内だけのこじんまりした葬儀を望んでいたようですが、葬儀は親戚、友人を含め、残された者のためと思い、慣習に沿った盛大な葬儀をあげました。形式的でしたが、結果的に生前にあった様々な絆を確かめられ、一つの区切りがついたことで、家族としては気持ちが楽になりました。私自身も家族葬で良いと思いますが、最後は葬式をあげる家族に委ねたいと思っています。

神奈川県・30代男性

海に散骨を希望
  5年前に夫が亡くなりました。当時、誰のか分からないような墓がいくつもあったのを処分して、場所も移して新しいものを建てました。私は、その墓に入りたくないのですが、なんせ田舎なのでそうもいきません。私の娘たちは墓じまいしてといっています。私は海に散骨希望です。跡形もなく消えてしまいたい。子供には葬式やその後の法要で迷惑かけたくないです。

福井県・50代女性

ゼニカネかけず笑って送って欲しい、でも・・・・
  ゼニカネかけなくてもいいから、笑って送って欲しい。とはいえど、現実的ではないかも・・・。せめて何でもいいから、当人が生きた証が末永く残るようにして欲しいね。墓じゃなくても。

埼玉県・60代男性

自分の時は、家族だけで
  父(享年82才)の葬儀は母の希望で広い会場を借りました。でも何十年も前に会社を引退していて、大勢来るわけでもなくガラガラでした。長生きすると会社のつき合いも疎遠になってしまいます。ご近所の方もほとんど年金生活者で、香典は大きな出費なので、母が無理に出席をお願いしたようで気の毒でした。
  自分の時は、家族だけで、告別式だけにしようと考えております。

千葉県・50代女性

寺を介入させず・・・・・
  寺を介入させずに、私の思いを、一人ずつ文章に綴っておくので司会者にゆっくり読み上げて欲しい。祭壇は簡素にし、花は私の希望する花で飾って欲しい。
また、棺の上には私の成人式で用意した着物で覆って欲しい。

福岡県・60代女性

家族葬、遺言通り行ったのに・・・・
  2009年、和歌山県に住んでいた夫の父が亡くなりセレモニーホールでの葬儀には親戚や近所の人約150人が参列。その10ヶ月後に母が亡くなり、希望通り、家族と近親者約10名が家に集まり母を送りました。読経の最中、何本も「何で教えてくれなかったの」電話があったり、「この前の父の葬式に比べると質素でかわいそう」「えらい扱いだ。こんな目にあわせて」という声が聞こえてきました。母の遺言であることを伝えても分かってもらえません。翌日から近所や母の友人らの家を夫と回ると、「友達だって別れを言いたい。それを遮るのはおかしい」と言われました。父の時のほうがすっきりと心の整理でき、家族葬の大変さを知りました。一方、母の思い通りにしてあげられた充実感もあります。私の時には家族葬がもっと一般的になっているでしょう。家族だけでほんわかした葬儀にしてほしい。

大阪府岸和田市・小島栄子(57才)


マイトリー寺院、「銀河鉄道の会」の案内

 自然・海洋葬を希望する方には、「倶会一処」の教えをもとに「銀河鉄道の会」の会員に入っていただくことを原則にしています。(ただし、強制ではありません)。
  @入会金は2,000円。
  A年会費はありません。
  B定例懇談会:毎月1回。参加費1,000円です。
 なお、会員には仏教徒として、第2の人生を心新たに歩んでいただくために生前「戒名」が付与されます(戒名料:3万円)。


合掌
半僧半俗の仏教伝道僧
横手昭道

 
メッセージ
・日曜礼拝と勤行
・ぴんころ・ハッピー倶楽部
・お葬式。どうします?
・永代供養の案内
・プロフィール
・マイトリー寺院・目白のご紹介

・写経・写仏

・宗教の本来
・仏教の根本
・葬儀と戒名
マイトリー寺院・目白
〒161 新宿区下落合2-14-25

Copyright (C) 2018 Temple MEJIRO. All Rights Reserved.
ページトップ