幸せな人生、幸せな家庭、そして共に生きる社会を!
日曜礼拝と気軽なお茶会のご案内

マイトリー寺院・目白 facebook

日曜礼拝のご案内

ぴんぴんハッピー倶楽部のご案内

幸せな人生を歩むために知っておくべきこと

お葬式。どうします?

みらいの扉 目白塾

トップページ > 日曜礼拝と気軽なお茶会のご案内

シャカムニ・ブッダのことば
こよなき幸せ

中村 元訳『スッタニパータ』第2小さる章・こよなき幸せより

修養と、清らかな行ないと、 聖なる真理を見ること、
安らぎを体得すること。
また、世俗のことがらに触れても、その人の心が動揺せず、
憂いなく、汚れを離れ安穏であること。

これらのことをことを行うならば、
いかなることに関しても敗れることはない。
あらゆることについて幸福に達する。
  ー これがこよなき幸せである。

時には、心にシャワーを、そして安らぎとエネルギーを!



本来、仏教の祈りは人間の理想像、聖なるブッダを仰ぎ見て
第一には、我が子、わが親など家族の健康と幸せ、また友の幸せ、社会の平和、そして今は亡き人の永久の安らぎ(涅槃)を祈ることです。 
第二には、今、生きていること、生かされていることに感謝して聖なるブッダとご先祖様に感謝の祈りを捧げることです。
第三には、日頃の生活で汚れた「心」と「言葉」と「行い」をクリーニングし、自身も聖なるブッダに成ることを誓うことです。

こうした祈りを日々精進する功徳によって、幸せな人生、幸せな家庭が築かれるのです。
宗派の違いに関係なく、お気軽にお越しください。きっと、ストレスから離れ、安らぎと生きる力が得られると思います。

あなたはつぎのことがらに答えをお持ちですか?



1、あなたはこの世に何しに生まれたか?
2、あなたは何のために生きるか?
3、あなたの命は誰のものか?
4、あなたにとって一番大切なものは何か?
5、あなたにとって最大の資本な何か?
6、あなたにとって最大の敵は誰か?
7、あなたにとって一番難しいことは何か?
8、私たちに平等に与えられているのは何か?
9、人間として避けられないものは何か?
10、人間は何を考えて生きる生き物か?
11、生きるに当たって何が一番大事か?
12、生きるに当たってあなたの心の支えは何か?
13、人間の本性は「善」か、「悪」か?
14、幸福とは何か?
15、「正」とは、そして「善」とは何か
16、「聖」とは?
17、「霊」とは?そして霊の有無は?
18、前世、来世、そしてその有無は?
19、「愛」そして「慈悲」とは?
20、自由とは何か?

答えをお持ちでない方は、是非、お釈迦様の教えを聞いてみてください。
きっと人生を迷うことなく、心豊かに生きられると思います。

開催日:毎月第1日曜日

礼拝&椅子座禅 / PM1時00分〜2時00分(無料・誰でも参加自由)
お茶会 / PM1時40分〜2時30分(コーヒー300円。自由参加)

※都合により開催日を変更する場合があります。
その場合、事前にfacebookページなどでお知らせしますので、予めご了承願います。

マイトリー寺院ご本尊
阿弥陀如来とは?

 阿弥陀如来(阿弥陀仏)は略して「弥陀」とも呼ばれ、大乗仏教においてはインドをはじめ中央アジア、中国、東アジア諸国で広く信仰され、最も重要な仏の一つです。
  阿弥陀如来にはサンスクリット原名が二つあります。一つは無限の寿命を持つものという意味でのアミターユス (Amitayus)。これは無限の時間的流れを意味します。
  もう一つは無限の光明を持つものという意味のアミターバ (Amitabha)。これは無限の空間的広がりを意味します。この二つが無量という意味のサンスクリット語Amitaと重なって「無量寿仏」、「無量光仏」とも呼ばれています。   
  『阿弥陀経』『無量寿経』には、阿弥陀仏はここより10万憶西方の「永久に安楽で安らかな世界(極楽浄土)」から無量の光明と寿命で私たち衆生を慈しみ悲れみ、救いを求めて阿弥陀仏の名を呼ぶ者はすべて仏の世界、真理の世界に救い摂ってくれる如来とあります。
  つまり阿弥陀仏は、自力で悟りを開きブッダに成れない人のための仏さまです。そこで、阿弥陀仏の信仰に重きを置く仏道を浄土教と名づけ、他力本願、易行道と呼んでいます。




メッセージ
・仏教の祈り
・ぴんころ・ハッピー倶楽部
・お葬式。どうします?
・プロフィール
・マイトリー寺院・目白のご紹介

・写経・写仏

・宗教の本来
・仏教の根本
・葬儀と戒名
マイトリー寺院・目白
〒161 新宿区下落合2-14-25

Copyright©2020 Temple MEJIRO. All Rights Reserved.
ページトップ